Navigation Button

VISION

横浜での“クロスオーバー”から
イノベーション創出を目指して

横浜市は、2019年1月に、研究者・技術者、起業家、学生などの人材が、組織を越えてネットワークを広げ、新たなイノベーションを横浜から創出していく、「イノベーション都市・横浜」を宣言しました。これまでに、新たに設置されたみなとみらい21地区の研究開発拠点をはじめ、様々な民間企業や、大学によりイノベーション人材の交流機会が形成されています。

今後、この取組がさらに認知され、大きなムーブメントとしていくため、「イノベーション都市・横浜」の象徴となるロゴマーク・ステートメントを決定しました。ロゴマークをシンボルとして企業、団体・個人がつながり、新たなビジネスを生み出す環境を作ります。

New Articles

【11/17開催】「横浜未来機構」キックオフ・イベント~横浜発の起業家やグローバル企業の新事業担当など、 スタートアップから大企業まで様々なセクターのイノベーターが、未来の夢を語り合う~

街ぐるみでイノベーション創出を促進する横浜型のイノベーション・エコシステムを形成し、持続可能な希望ある未来社会の実現を目指す「横浜未来機構」が、本年8月に・・・
Read More
Show Other Info