UPDATE: 2021/11/09

国の海外展開向けアクセラレーションプログラムに「YOXO BOX」で支援するスタートアップ3社が採択

  • twitter
  • mail
  • LINE

 横浜市は2020年7月に、国(内閣府)の「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」について、スタートアップ・エコシステム 東京コンソーシアムの一員として、「グローバル拠点都市」に選ばれました。このたび、海外展開への足掛かりや投資機会創出を狙いとして全国の「スタートアップ・エコシステム拠点都市」のスタートアップを対象に、グローバルアクセラレーターによるアクセラレーションプログラムが実施されます。
 このたび、YOXO BOXで支援するスタートアップのうち、以下の3社が採択され、支援がスタートします。

■プログラム概要
 事業ステージや分野などに応じた2ステージ6コースに分かれて、各分野トップクラスのグローバルアクセラレーターが、ビジネスモデル構築のためのメンタリングや、支援者・ビジネスパートナーなどとのネットワーキング、海外投資家等に対するデモデイを実施します。
・実施期間:令和3年11月~令和4年3月
※プログラム詳細:https://www.jetro.go.jp/services/startup_city.html

■採択スタートアップ(50音順)
・アットドウス株式会社(代表取締役 中村 秀剛氏)
 採択コース:BIO/Healthcare

・アルケリス株式会社(代表取締役 藤澤 秀行氏)
 採択コース:Global Scale

・株式会社ヘルスケアゲート(代表取締役 保田 浩文氏)
 採択コース:Global Preparation

※詳細については以下URLをご覧ください。
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/keizai/2021/1108g_acceleration.html

SEE ALSO