UPDATE: 2020/07/21

【グローバル拠点都市に選定】横浜市が国の推進するスタートアップ・エコシステム拠点「グローバル拠点都市」に選定されました。

  • twitter
  • mail
  • LINE

横浜市はこのたび、国(内閣府)が公募していた「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略※1」について、東京都をはじめ、自治体・企業・団体等と連携した、スタートアップ・エコシステム 東京コンソーシアムの一員として、「グローバル拠点都市」に選ばれました。
 今後は国の後押しをいただきながら、本市のリソースやポテンシャルを最大限活用し、世界で活躍するスタートアップの輩出をめざし、一層の取組を推進していきます。


<横浜市の提案内容>
「イノベーション都市・横浜」を成長戦略の柱に位置付け、ベンチャー企業(スタートアップ)成長支援拠点「YOXOBOX」をハブとしてI・ToP横浜、LIP.横浜といったオープンイノベーションの取組を生かし、神奈川県と連携して、まちぐるみのスタートアップ支援・新ビジネス創出のコミュニティ形成を進め、横浜ならではの人・企業・投資を呼び込むエコシステムを構築します。

<スタートアップ・エコシステム 東京コンソーシアムについて>
スタートアップ・エコシステムのグローバル拠点都市としての地位を確立させることで、国際競争力の強化、スタートアップの創出や成長、ひいては東京圏の経済の持続的な発展を実現し、また、スタートアップ・エコシステムによるイノベーションを社会に実装し、地域に還元する活動を目指す。
(事務局)東京都
(広域連携団体)横浜市、川崎市、和光市、茨城県、つくば市

<※1 国の進める「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」について>
我が国の強みである優れた人材、研究開発力、企業活動、資金等を生かした世界に伍する日本型のスタートアップ・エコシステム拠点の形成と発展を目指す。このために、一定の集積、潜在力を有する都市で、地方自治体、大学、民間組織等がスタートアップ・エコシステムの形成に取り組む拠点形成計画を認定し、当該拠点都市に対して政府、民間サポーターによる支援を実施する。
※国は、グローバル拠点都市として全国で4か所選定しました。

<関連Webサイト>
横浜市経済局HP
https://www.city.yokohama.lg.jp/business/keizai/sougyo/venture/yoxoeco.html(外部サイト)

SEE ALSO